Yoshioka’s diary

家づくりに関する様々なお役立ち情報を書いていきます。

リビング階段とホール階段の特徴~家族に合わせた階段配置のポイント~

こんにちは、吉岡です。

今回はリビング階段とホール階段の特徴をテーマに家族に合わせた階段配置のポイントをお伝えします。

 

2階建ての家をつくる時に『階段をどうするか?』が悩みの1つになる事が多いですよね。

 

そもそも階段は大きく《ホール階段》《リビング階段》に分けられます。

 

ホール階段とは・・・玄関ホール等にある階段です。

リビング階段とは・・・LDKに作る階段です。

 

リビング階段・ホール階段の特徴を階段配置の基本パターン別にしっかりと理解して頂き、それぞれの特徴を把握した上で家族に合わせた計画を考えていきましょう。

 

階段配置の基本タイプ3パターンについて、家族間のコミュニケーションやプライバシー性の違いについて説明するので、家族との相性を確認して下さい。

 

【階段配置の基本の3パターン】

①プライバシー重視型:ホール階段

→リビングを介さずに玄関ホールから直接2階へ上がるタイプ

②コミュニケーション重視型:リビング階段

→リビングを横断して2階へ上がるタイプ

③バランス型:リビング階段(上記2種類の中間)

→階段はリビングにあるがリビングに入ってすぐの場所に階段があるタイプ

 

 

では、順番にそれぞれの特徴について解説していきます。

 

 

①プライバシー重視型:ホール階段

→リビングを介さずに玄関ホールから直接2階へ上がるタイプ

f:id:PinkySolt:20200923193139j:plain

この計画は、玄関から直接2階に上がることができるので、お互いのプライバシー性が保たれます。

特に子供が大きくなって友達などを連れてきたりする時もお互いに気を使ってしまう事なく過ごせるメリットはありますね。

 

ただ、顔を合わすことなく2階の部屋に行けるので家族間でコミュニケーションが不足する事があります。

 

 

②コミュニケーション重視型:リビング階段

→リビングを横断して2階へ上がるタイプ

f:id:PinkySolt:20200923195533j:plain

この計画は玄関から2階へ上がるときに、リビングを完全に横断しなければなりません。

 

家族とコミュニケーションがとりやすいというメリットはありますが、一方で大きくなった子供が友達を連れてきた時など、トイレや外出のたびに家族のプライベート空間を横切るので、お互いのプライバシー性に欠ける事となります。

 

 

③バランス型:リビング階段(上記2種類の中間)

→階段はリビングにあるがリビングに入ってすぐの場所に階段があるタイプ

f:id:PinkySolt:20200923201545j:plain

この計画はリビングに入ってすぐの位置にある階段から2階に上がるようになっており、リビングの脇を通りますが深く入り込まないので、家族のコミュニケーション性とプライバシー性が保たれます。

 

子供が友人を連れてきて出入りする場面でも声をかけられるし、リビングでくつろぐ家族のプライバシーも侵害されることがないのでバランスの取れた計画といえるでしょう。

 

そしてこのバランス型はもう一つ利点があります。

2階への動線を完全に分離して独立性を高めたい場合にはリフォームでプライバシー重視型のホール階段に変更しやすいんですね。

 

↓↓【改修前】↓↓

f:id:PinkySolt:20200923205250j:plain

 

↓↓【改修後】↓↓

f:id:PinkySolt:20200923205316j:plain

このようにドアと壁の位置を移動し、階段の上がり口を玄関ホールの空間に移すことでリビング階段からホール階段に切り替え、2階の独立性を大きく向上させる事が出来ます。

 

 

以上が、階段配置の基本の3パターンのそれぞれの特徴となります。

 

①プライバシー重視型

②コミュニケーション重視型

③バランス型

 

リビング階段・ホール階段の特徴を階段配置の基本パターン別にしっかりと理解して頂き、それぞれの特徴を把握した上で家族との相性を確認して計画していきましょう。

 

 

それでは今回はここまで👋