Yoshioka’s diary

家づくりに関する様々なお役立ち情報を書いていきます。

いつものアノ人がいない

どうも、吉岡です。

 

この仕事をしていると、色んな人との出会いや別れがあります。

 

お客様だけではなく、メーカーさんや金融機関さんも同様です。

 

メーカーさんや金融機関さんは、ある程度の期間が経過したら、人事異動等で担当が変わる事が多々あります。

 

苦手な人ならともかく(正直なところ)・・・信頼関係を築いていたのに、担当が変わるととても不安になります。

 

一からやりとりが始まり、やはり担当さんそれぞれの個性があります。

 

『いつもの感じでヨロシク』というノリが通用しなくなるのはツライですね。

 

それだけでも少しストレスを感じるものです。

 

〈いつものアノ人がいない〉という状態はビジネスならともかく、お客様からするとめちゃくちゃ不安になるのではないかと思うんです。

 

特に住宅建築等の、このような仕事はお互いの信頼関係が一番です。

〈いつものアノ人がいない〉状態は一気に不安になりますね。

 

なので僕は《窓口は一つにしたい》と考えています。

 

例えば、住宅を建てる時に『家の間取りのやりとりは設計に引き継ぐので、次回から設計の○○が担当します』と営業から言われる場合があります。

 

もしくは『建築工事が始まれば、あとは現場監督とのやりとりになるので次回から監督の○○と連絡を取り合って下さい』等となる場合もあります。

 

建築会社によっては上記のような事があるわけです。

 

出会ってから色々とやりとりしていた営業から急に担当が変わると不安ですよね。

そうはしたくないので僕は《窓口は一つにしたい》わけです。

 

ですので、シンケンホームで家を建てる時は最初から最後まで吉岡が担当しています。

 

家を建てた後のメンテナンスのやりとりも吉岡です。

メンテナンス等の、実際に作業するのは職人さんや監督ですが、窓口は吉岡です。

 

今後もできる限り、僕が窓口として続けていくので《何かあれば吉岡に言おう》という感じで気軽に声をかけて下さいね😌

 

それでは!

誰かのトゲにならない生き方

こんにちは、吉岡です。

 

最近なぜか、ふと思い出した事がありました。

 

僕はもともと髪の色が茶色なんですが、小さい頃はもっと茶色が濃く周りから『絶対染めてるよね。学校は染めて来ても良い所じゃないよ』とかよく言われてきました。

その度に『地毛だよ。もともと茶色なんだよ』と言うんですが全然信じない人もいて、母親も僕が本当に染めていないのか、学校の先生からもよく聞かれていました。

 

就職してからは、地毛だと主張しても『茶色だから』という理由で黒染めさせられた事もありました。

その後は、地毛なのに黒染めを強いるのはおかしく不満だと主張した事と自然に茶色に戻っていく姿を確認した事で地毛だと認めてもらえました。

 

それでも一部の人間から『地毛だと言い張ってたね。そこまでして茶色にしたい?維持するのが大変だね』と言われた事は今でも忘れません(笑)

 

このような下らない経験でも【学び】がありました。

 

【学び】

●相手を信用する・相手を認める事が出来ない人間は相手からも信用されない

●誰かを攻撃する人間は違う誰かから攻撃を受ける

●相手を認め誰かのトゲにならないように生きる事で自分自身が生きやすくなる

 

経験できた事、学べた事に感謝ですね。

 

(誰かのトゲにならない)というのは、自分の発言等で誰かを傷付けたりしない事です。

自分以外の人間に対して優しく接するだけなんですが、なかなか難しい時もありますね。

 

例えば、飲食店で店員さんに横柄な態度をとる人っていますよね。

この人は周りのお客さんや店員さんのトゲになっています。

 

気を付けて生活していきましょう。

 

良い土地って誰にも取られたくないですよね?

こんにちは、吉岡です。

 

家を建てる為に土地を探している時に、良い土地を見つけたとしたら誰かに先を越される前に自分達の物にしたいですよね。

今まさに土地選びをしている方は、その気持ちが良く分かるのではないでしょうか?

 

【良い土地】といっても、何をもって「良い」というのかは人それぞれですが、ここで言う【良い土地】は探している人の【条件に合った土地】を言います。

 

この【自分達の条件に合った土地】を目の前にした時に、なるべく早く行動しないと、いずれは誰かに買われてしまいます。

誰かに買われて、また他を探しなおすとなると気持ちも落ち込んでしまいますね。

 

なるべくそうならないようにするには、事前準備が非常に大切となります。

 

先に答えを言いますと・・・

 

【資金計画・建物プラン・土地探しは同時進行させる】となります。

 

厳密に言えば順番はあるんですが、土地・建物・諸費用等にかける金額を把握する為の資金計画を行わないと、それぞれにかけられる金額が分からないんですね。

その資金計画をもとに、建物の大きさやグレードを算出して建物プランを進めます。

そして同じように土地にかけられる金額が分かるので、その金額内に収まるようにしながらエリアや自分達の条件に合う土地探しをしていくわけです。

 

もちろん、その資金計画は金融機関の仮審査を通した上で適正な借入額(月々支払い額)を確認する必要があります。

 

上記で書いてあるように、全てがリンクしているんですね。

「土地が確定しないと建物プランは作れない」という考えもありますが、建物に求めるある程度の要望がはっきりしておかないと、土地を見つけた次に一から建物プランの事を相談していたら時間がかかりすぎる事になります。

 

土地の形状等により建物プランは変える必要はありますが、もともと希望していた間取りをアレンジするなら、一から考えるより時間はかからないですよね。

場合によっては希望の建物プランがすっぽり土地におさまる事だってあり得ます。

 

良い土地を見つけた時に、なるべく早く行動できるように、しっかり事前準備をしておいて下さい。

 

それではまた!