Yoshioka’s diary

家づくりに関する様々なお役立ち情報を書いていきます。

多雪地域に家を建てる時のポイント

どうも、吉岡です。

今回は多雪地域に家を建てる方に向けて書きます。

テーマは【多雪地域に家を建てる時のポイント】となります。

当然、豊岡も多雪地域なので豊岡で家を建てるなら必見ですよ!

 

【多雪地域に家を建てる時のポイント】

①カーポートは耐積雪タイプを選ぶ

②多雪地型物置やガレージを設置する

③屋根のないバルコニーは作らない

④屋根からの落雪を考慮する

 

この4つを紹介します。

 

①カーポートは耐積雪タイプを選ぶ

豊岡であればカーポートは積雪100㎝対応のものを選ぶようにしましょう。

※家を建てる地域が豪雪地域なら積雪150㎝対応や200㎝対応のカーポートを選ぶべきですが、カーポートの強度が強くなるぶん当然値段は高くなっていきます。

 

カーポートのカタログに表記されている【積雪100㎝対応】というのは『降り積もったばかりのフワフワの新雪の場合は100㎝まで耐えられる』という意味なんです。

雪は雪が含んでいる水分量によって重さがかなり違ってきます。

 

ふわふわの新雪なら1㎡に積もった1㎝あたりの重さは約3㎏なんですが、みぞれのような水を多く含んだ雪は1㎡の1㎝あたりの重さは約7㎏なんです。

そうなれば、積雪100㎝対応といえど油断できないですよね。

f:id:PinkySolt:20210114222100g:plain

 

②積雪地型物置やガレージを設置する

家の周りに色々と物や子供のオモチャ等を置いていたりするのをよく見かけます。

雪が降るとそれらは全て雪に埋まってしまい、壊れてしまったり場所が分からなくなります。

冬に使わない自転車やバイクはカーポート下に置いていても大雪で結局埋まったり、単純に駐車の邪魔になるので、ガレージの中に入れておけば安心です。

もちろん、そういった物置やガレージも積雪地型を選んでおけば安心できます。

f:id:PinkySolt:20210114235253j:plain f:id:PinkySolt:20210114235318j:plain

 

③屋根のないバルコニーは作らない

屋根のないバルコニーは雪が降ると当然、バルコニーの中に積もっていきます。

特に大雪となれば一夜にして埋まってしまうという事は珍しくありません。

そして、そのバルコニーの中にエアコンの室外機が置かれている場合は、完全に埋まってしまいエアコンを使用する事ができないので頻繁に除雪する必要があります。

そうなるとかなり面倒な上に、雪に埋もれる状態が続くことでバルコニー内も傷みが早くなってしまいます。

冬にバルコニーで洗濯物を干す事もないので、そもそも屋根のないバルコニーを作らないという選択が良いように思います。

f:id:PinkySolt:20210115001047j:plain

 

④屋根からの落雪を考慮する

 建物の屋根形状の兼ね合いで、玄関前に屋根からの落雪がたまって除雪が大変だったり屋根の下に人がいるタイミングで落雪してしまうと危険な事もあります。

特に1階の屋根からではなく2階の屋根からの落雪は破壊力があるので注意が必要です。

実際に、落雪によってカーポートの屋根や車の屋根がへこむ被害は多数あります。

他にも気を付けなければいけないのは、お隣の敷地内への落雪です。

あらかじめ屋根の先端と敷地境界との距離を十分にとっておかないと、お隣さんに雪が落ちてしまいトラブルとなってしまう事があります。

f:id:PinkySolt:20210115003148j:plain

 

以上が【積雪地方に家を建てる時のポイント】の4つです。

積雪のある地域は雪への対策としてコストが余分にかかってきますし、土地選定や建物プランを作成する時に積雪時を考慮する必要もあります。

理想とする間取り作りや夏の暑さ対策だけではなく冬の積雪の事もしっかり考えていきましょう。

 

【多雪地域に家を建てる時のポイント】

①カーポートは耐積雪タイプを選ぶ

②多雪地型物置やガレージを設置する

③屋根のないバルコニーは作らない

④屋根からの落雪を考慮する

 

他にもポイントはたくさんあり今回は紹介しきれませんが、この4つを意識するだけでも後悔する事は減ってくると思います。

それでは今回はここまで!

 

新居への引越し前後の準備や手続き

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

 

今回は新居への引越し前後での準備や手続きについてお送りします。

 

新居への引越しの前後はどのように準備していくか分からなかったり、入居前からずっと片付けや手続きに追われ、スムーズに新生活を始める事が出来ない事があります。

どのように準備するか分からない方の為に入居準備のポイントをご紹介します。

 

入居準備のポイントは、大きく3つのテーマに分けて考えます。

 

①住まいを美しく保つ

②引越しを楽にする

③入居前後の手続き

 

 

では、各テーマを詳しくご紹介します。

 

 

 ①住まいを美しく保つ

◆利用前の対策が効果的

Instagramでよく紹介されている市販品での対策です。

 

●浴室に防カビくん煙剤を入居前に焚いておくとカビ対策に有効

f:id:PinkySolt:20210108130355j:plain

●トイレのスキマフィルで便器と床の間を塞いで尿汚れのしみ込みを防止

f:id:PinkySolt:20210108130643j:plain

●24時間換気やレンジフードにホコリとりフィルターを装着してホコリの付着対策

f:id:PinkySolt:20210108131115j:plain

●ビルトインコンロ用のフレームカバーで、すきま汚れを防止

f:id:PinkySolt:20210108131255j:plain

●排気口カバーで排気口への油汚れの侵入を防止

f:id:PinkySolt:20210108131401j:plain

●洗面台のゴミガードで排水口にゴミや髪の毛が溜まるのを防止

f:id:PinkySolt:20210108131650j:plain

●防虫キャップでエアコンの排水ホースからの害虫侵入を防止

f:id:PinkySolt:20210108131949j:plain

他にも色々ありますが、市販の傷防止シートやキャスター付き洗濯機台が便利です。

f:id:PinkySolt:20210108132228j:plain f:id:PinkySolt:20210108132739j:plain

引越しの最中にできるものもありますが、入居前にしておけば当日バタつかずにすみますよ。入居前準備として計画しておくと後悔がありません。

 

 

②引越しを楽にする

 

〇エアコンの取り付け

新築なら基本的に照明器具は標準で付いているでしょうが、エアコンは別途になっている事は多いかと思います。

f:id:PinkySolt:20210108133509j:plain

エアコンに関しては入居前に取り付けると引越し当日の作業が快適になります。

エアコンが必要ない季節なら問題ないですが、真夏や真冬の引越しとなると当日かなりツラい上に真夏は熱中症の危険もあるので必ず入居前に取付けを済まして下さい。

f:id:PinkySolt:20210108133238p:plain f:id:PinkySolt:20210108133304p:plain



エアコンは季節によって取り付けまで日数がかかることがあるため、早めに予約しましょう。

 ※照明器具を施主支給する場合も同様に入居前に取り付けておかないと大変ですよ

 

〇カーテン

エアコン等と同様にカーテンを別途としている事はあります。

f:id:PinkySolt:20210108133624j:plain

入居前に取り付けしないと、引越し作業などが外から丸見えになってしまいます。

バタバタしていたり荷物があふれている状態の引越し当日にカーテンレールやカーテンを自分達や業者が取り付けるのは現実的に無理があります。

 

 

〇家具や家電の配置

家具や家電の配置を決めておくことで、引越し当日の作業がしやすくなります。

引越し業者への搬入時の指示などもスムーズなため時間の無駄を無くせる上に、あとで自分達で重い家具を動かす必要もなくなります。
新居用に購入するものは、引越し当日に現地に配達してもらう手配にすると手間が減るので、上手くスケジュールを組みましょう。

 

f:id:PinkySolt:20210108133856p:plain

 

③入居前後の手続き

 

〇役所手続き

●転居届

マイナンバーの住所変更

●運転免許証の記載事項変更

車庫証明の住所変更

●自動車の変更登録

●会社の健康保険と厚生年金の変更手続き

●クレジットカードの住所変更

●銀行口座の住所変更

●通販サイトの住所変更

 

細かく言えば他にもあったり、別の市区町村へ引越しする人はさらに手続きが増えたりしますが、なるべく手続きは引越し前に行っておくと良いでしょう。

 

ライフライン

電気・水道・ガスの開通については、新築であれば建築会社側で手続きが出来ているものですが、光回線などの開通工事は自分で手続きをする必要があります。

これには手続きや工事に時間がかかる事もあり、注意が必要です。

 

〇確定申告

新居購入に住宅ローンを利用した場合、住宅ローン減税制度を受けることができます。
住宅を取得した翌年の確定申告で手続きが必要です。
確定申告が出来ていないと、減税制度を受けられず大きな損失になります。
この他にも受けられる減税制度を把握しておいて、必要な手続きを整理しておく事が大切です。

 

 

多くの項目があり、引越し前後の慌ただしい時期にやりきれないと思った方もいるかもしれませんが、入居前の準備を万全にしておくことが、新居での暮らしを快適にスタートさせるカギです。

【入居前】【入居後】に整理し、チェックリストを作成して一つずつチェックしながら手続きや準備をしていきましょう。

 

 

それでは今回はここまで。

資金計画の落とし穴

 こんにちは、吉岡です。

今回は【資金計画の落とし穴】についてお送りします。

f:id:PinkySolt:20201223204315p:plain

少しこわいタイトルですね。

新築の家を建てる際の資金計画での失敗をしてしまい、工事はどんどん進んでいるのに

資金調達に奔走しないといけないという事が起こる事があります。

 

家づくりをする際には様々な事にお金が必要になっていきます。

f:id:PinkySolt:20201223205041p:plain

 

●土地取得費用

●建物取得費用

●登記費用

●火災保険費用

●地盤改良費用

●外構工事費用

●家具家電費用

●住宅ローンの借入諸費用

●引越し費用

などなど

 

大半の方が住宅ローンを組んで、そのローンの範囲内で上記の費用のほとんどを賄います。

 

そうです、全てではなく“ほとんど”です。

 

実はこれらの費用全てを住宅ローンに含める事はできないんですね。

認められない項目というのがあります。

それが 家具・家電費用や引越し費用なんですね。

f:id:PinkySolt:20201223210721j:plain f:id:PinkySolt:20201223210841j:plain



例えば家具ですが、建築会社を通して大工さんや家具屋さんが家具を作って家に取り付けるのなら問題ないですが、家が完成した後にネットで買うとか市販されている物を買うとなれば住宅ローンに含める事はできません。

同様に冷蔵庫や洗濯機などの家電も含める事は出来ません。 

f:id:PinkySolt:20201223211422p:plain

意外かもしれませんが、家具・家電がないと生活出来ないというのに、住宅ローンとしては認められてないんですね。

ある程度の貯蓄があるのならカバー出来るんですが、貯蓄で賄う事が出来ない場合は、金融機関としては違う種類のローンを組み合わせて提案したりしています。

 

中には、家具・家電費用などの事を資金計画に全くいれずに家づくりを進めて、家が建ってから気付いて大変な事になった方もおられるようです。

f:id:PinkySolt:20201223211618p:plain

他にも見落としがちな事はこれから住む事になる居住地の区(=自治会)に加入するための負担金である入区料もあります。

数万円である事がほとんどですが、地域によっては数十万円する事もあるのでしっかり確認しておく必要がありますね。

 

 

ある程度の貯蓄があるのならカバー出来るものの、やはりそうは言ってもどれくらい費用がかかるのかは把握しておきたいものですよね。

 

事前にどれくらい費用がかかりそうか下調べをしておきましょう。

 

家電に関してですが・・・

家電量販店の家電の価格は時期によって驚くほど金額が違います。

新商品がでる時期はある程度決まっていて、そのタイミングで古くなる型番の商品は安売りとなるんですね。

 

f:id:PinkySolt:20201223210841j:plain

新商品を買いたい人は別ですが、その時期をみながら賢く家電は買うべきです。

早めに家電量販店に行ってお得に買える時期と大まかな値段を把握しておきましょう。

販売員の方に聞けばちゃんと教えてくれますよ。

 

 

家具に関しても同様に早めに行ってリサーチするべきですね。

f:id:PinkySolt:20201223210512j:plain

家具・家電は色々見ているとやはりグレードの高い物ばかりに目がいき、グレードが高くなると同時に当然値段も高くなります。

新築を建てる時は、いわゆるマイホームハイの状態になって金銭感覚が狂ってきてしまう事があります。

f:id:PinkySolt:20201223211953p:plain

予算ありきですから、妥協できる物・できない物を決めておきましょう。

 

こういったリサーチは面倒かもしれませんが、より正確な資金計画ができる上に『家具・家電費用は足りるだろうか・・?』と不安にならずに済みます。

全て自分たちの為になるので動きましょう。

 

いかがだったでしょうか?

一番最初に漏れが無いように、しっかり資金計画をする事の大切さが分かったのではないでしょうか?

 

見落としがちな家具家電費用などをしっかり把握して計画的に進めていきましょうね!

 

それではまた!